Mirakurunのチャンネル設定

 東京以外の地デジや、BS/110度CSの有料チャンネルを受信する場合は、Mirakurunのチャンネル設定を行う必要がある。

Mirakurunのチャンネルスキャン

 地デジのチャンネル設定に関してはチャンネルスキャンが行える(ただし、ケーブルテレビのC13~C63には対応していない模様)。curlコマンドを使用するので予めインストールしておく。終了したらMirakurunを再起動する。

sudo apt-get install -y curl
curl -X PUT "http://localhost:40772/api/config/channels/scan"
sudo mirakurun restart

 チャンネルスキャンはMirakurunのEPG取得が終了していないと、上手く実行出来ない場合があるので、MirakurunのログからEPG取得がMirakurun起動日時以降に終了しているかを確認すると良い。

grep 'Program GC has finished and removed' /usr/local/var/log/mirakurun.stdout.log | tail -1

Mirakurunのチャンネル設定

 Mirakurunのチャンネル設定は /usr/local/etc/mirakurun/channels.yml にある。name:でチャンネル名を任意に設定、type:で地デジならGR、BSならBS、110度CSならCSを設定、channel:でチャンネル名を設定、BSと110度CSの場合はさらにserviceId:でサービスID(基本的にチャンネル番号と同一)も設定する。地デジのチャンネル名は基本的に1~62、C13~C63で、BSのチャンネル名はBS01_0~BS23_2、110度CSのチャンネル名はCS2~C24で指定するが、録画コマンドによっては一部異なる場合があるので注意が必要。
 下記は関西の地デジの一部とBSの一部と110度CSの一部を含む設定を作成する場合の例。

cat << 'EOT' | sudo tee /usr/local/etc/mirakurun/channels.yml
- name: NHKEテレ
  type: GR
  channel: '13'
- name: サンテレビ
  type: GR
  channel: '26'
- name: BS朝日1
  type: BS
  channel: BS01_0
  serviceId: 151
- name: ディーライフ
  type: BS
  channel: BS23_2
  serviceId: 258
- name: TBSチャンネル1
  type: CS
  channel: CS2
  serviceId: 296
- name: 日テレプラス
  type: CS
  channel: CS24
  serviceId: 300
EOT

 チャンネル設定が終わったら、Mirakurunを再起動する。

sudo mirakurun restart