みやびんから譲り受けたPT2が無事動いたりとか

 昨日ヨドバシから届いたエーモンの配線チューブ 1116(内径7mm)にSD-PECPCiRi2のデータ通信用ケーブルと電源用ケーブルを入れてみた。前回使おうとした内径5mmのものと違って、綺麗に格納することが出来た。別のSD-PECPCiRi2で使ったエーモンのコイル型配線バンド E369(内径4mm)も悪くないけど、いわゆるスパイラルチューブなので、見た目は配線チューブの方が良さげな印象。

エーモン 配線チューブ 7φ 2m 1116

エーモン 配線チューブ 7φ 2m 1116

 これでSD-PECPCiRi2でPT2を使うために必要な作業や確認は一通り終わった。2セットある状態なので、あとは適宜運用に投入予定。
 みやびんから譲ってもらったPT2をD525MWに取り付けたものの認識しなかった件は、手持ちの別のPT2に交換してみた。あとバックアップバッテリーが電池切れだったのでついでに交換した。
 これでPT2が問題なく動作することを確認したので、みやびんのPT2の故障を疑ったが、再度みやびんのPT2に交換したところ、問題なく動作した。これはPCIバスの差し込みで何らか接触不良があったのかも知れない。何にしても動作したので一安心。
 せっかく動いたPT2をちゃんとした状態にしておきたいので、みやびんのPT2に付いていなかったブラケットの下部側ネジ(なべ頭、平先、M3、6mm)と内側にはめ込むスペーサー(中空、丸形、M3、2mm)の同等品を注文することに。 あと、昨日みやびんのPT2を動作確認する際にMirakurunがインストール出来なかった件の検証のために再度Debian 10をインストール。原因はnodejsパッケージにnpmコマンドが含まれていないことだった。
 Mirakurun推奨であるNode.js公式の手順でインストールしたが、Node.js公式リポジトリDebian標準リポジトリの両方にnodejsのパッケージがあって、後者の方がバージョンが新しいからか後者の方のパッケージがインストールされていた。
 リポジトリを意図的に指定したり優先順位を変えたりしてインストールする方法が分からないので、Debian標準のnodejsのパッケージにnpmのパッケージもインストールしてMirakurunを入れてみたら無事動いた。
 が、EPGStationをインストールしようとしたらnpm installでSegmentation faultが発生してインストールが中断。何故かカーソルも表示されなくなる。面倒になって仮想VMの64bit環境で確認すると成功する。仮想VMの32bit環境でもやはり失敗。メモリ4GBまで増やしても同様。
 Node.js公式リポジトリのパッケージじゃないとダメなのか、32bitだとダメなのか気になるところ。
 定時後、第二神明で帰宅。晩御飯はサイコロステーキとじゃがいもの味噌汁と冷奴。TAKAさんのお土産のたまゆらのかけ醤油使ったんだけど、これ美味いな。