Eee PC 701 SD-Xの付属DVD-ROMからWindows XPインストールCDを作成

今回用意したのはEee PC 701 SD-X付属のサポートDVD Rev.1.3 日本語版(A875)。

  1. Eee PC 701 SD-X付属DVD-ROMのi386XPフォルダを適当な箇所(今回はC:\)にコピー。
  2. C:\i386XPフォルダに新規作成→テキストドキュメントでWIN51、WIN51IC、WIN51IC.SP3の3つのファイルを作成。
  3. SP+メーカーでボリュームラベルを「GRTMHOEM_JA」(Windows XP Home Edition (SP3) OEMなので)を指定、CD-ROMドライブはEee PC付属DVD-ROMを入れたドライブを指定、代替フォルダにチェックを入れてC:\i386XPフォルダを指定、あとは作成ボタンを押すだけ。

今回出来たISOイメージは545.74MBだった。プロダクトキーはi386フォルダ内のUNATTEND.TXTに書いてあるものでは通らなかったので、プリインストールされたWindows XP上でWindows Product Key Viewer v1.02を使って調べたプロダクトキーを使うことにした。(Eee PC 701 SD-X本体底面に書いてあるプロダクトキーも通るだろうけど、あとでアクティベーションが必要になると思われる)
この手の詳しい話は昔ThinkPad X40の時に日記に書いたのでメモ。
http://d.hatena.ne.jp/nyanonon/20081106#p1
2009/10/19追記:
上記手順で作ったインストールCDで、Eee PC 701 SD-XにWindows XP SP3 Home Editionをクリーンインストールして、プロダクトキーもWindows Product Key Viewerで調べたものを入力したところ、アクティベーションされていないと見なされ、ライセンス認証が求められた。
となると、予めリカバリした状態のWindows XPからC:\WINDOWS\system32\フォルダのoembios.bin、oembios.dat、oembios.sigを保存しといて、クリーンインストール後にセーフモードで上書きするしかないかも。