REGZA 37Z7000でTSファイル再生

某所で出来ると知ってから試したくてしょうがなかったので、まるちゃん宅に行ったついでに37Z7000で試させてもらう。ThinkPad X60 Tablet(6365-JCJ)のEMOBILE H21HWをインターネット接続の共有をローカルエリア接続で許可。これでルータになるのでREGZAとLANケーブルで接続。ThinkPad X60 TabletはGigabit EthernetなのでストレートケーブルでもAuto MDIでちゃんと繋がってくれる。REGZA側はLAN端子が3つがあるが左端はひかりTV用、右端はLAN HDD用なので今回は真ん中の端子に接続した。
あとはネットワーク セットアップ ウィザードで共有フォルダを有効にし、REGZAの電源を入れる。デフォルトは自動的にIPアドレスを取得する設定になっているので、何もしなくてもリモコンのブロードバンドのボタンを押してインターネットを選ぶと、ThinkPad X61 TabletEMOBILE H21HW経由で東芝のホームページに接続できた。
ThinkPad X40&QRS-UT100Bで録画したTSファイルをThinkPad X61 Tabletの共有ドキュメントに入れておいたので、REGZAのリモコンでレグザリンクのボタンを押し、レグザリンク設定→LANハードディスク設定→機器の登録とメニューを選択すると、しばらくしてLANで接続した機器の共有フォルダ一覧が表示(今回はThinkPad X61 Tabletの共有ドキュメントがSharedDocs(LENOVO-209872C5)として表示された)されるので、使いたいものにチェックマークを入れて登録完了を選択する。
あとはリモコンの録画リストのボタンを押すか、レグザリンクのボタンを押して映像を見る/機器選択のメニューを選択すると、共有ドキュメント内のフォルダやファイルが表示される。この時、REGZAから認識できるファイルなどの情報を同名で拡張子の違うファイルと、ルートに特定のフォルダを1つ作って内部で管理している模様。

ファイルは.tsや.mpg等の認識するファイル名だけが表示され、フォルダは基本的に空でも表示される。以後の操作はREGZAで録画したものと全く同等の扱いで再生、30秒スキップ、10秒戻し、早送り再生、早戻し再生、一時停止、停止、停止位置を覚えておいてレジューム再生、さらに字幕データが含まれた録画ファイルなら字幕のON/OFF、データ放送が含まれた録画ファイルならデータ放送の再生や操作が可能。

TSファイルは基本的に拡張子も含むファイル名のまま表示されるが、TSファイルに含まれる録画日時情報は読み取って表示してくれる。ただ、ジャンル情報は全てその他で表示された。あと、デジタルコピー可とも表示されるので、レグザリンク対応のRDへ無劣化ダビングも可能なのかも知れない。